読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界は意外と僕を見ている

分析厨の加藤シゲアキ担

QUARTETTOのキーワードは「星」と「空」なのかもしれない

 まず、やっとWHITEのライブDVDが発売決定しましたね。NEWSにもやっと春が来るんだ!*1ドキュメンタリーがないやらなんやら言いたいことはまたの機会があれば。QUARTETTOを買って数分後に発売決定のお知らせが来たもんで、何とも言えない感情になりました。まあ、QUARTETTOを買ったCDショップでDVDはおそらく予約しないので、二度手間にはならないんですけど。

 

さてさてQUARTETTOの感想に入ります。

 まず、メモが大きい!実際の半分くらいの大きさかと思ってました。でもカワイイ。やっぱりNEWSさんはおしゃれですね。

 

NEWS「QUARTETTO」レビュー - はてなブログをお借りしました。

それぞれの曲についてはすでにたくさんの方が書かれているので私はざっくり書いておきます。

1.Theme of "QUARTETTO"

DVDの方を先に見ましたのであのままかと思いながら聞いていたら急に「エイヤエイヤ」と聞こえてきたので何事かと思いました。その後の曲を聞いたらなるほどそういうことか!いやー、考えますね。

2.QUARTETTO

「燃え尽きるまで」と「カルッテッ」でもう満足です。

3.ANTHEM

サッカーの曲なのでサッカー場で聞ければもっと迫力が出るんだろうなと思います。

4.シリウス

やっと音源化してくれました!サビは明るいのにAメロ・Bメロのメロディは聞いていると悲しくて苦しくて涙が出てきそうになります。そんな曲だけど「叶わぬ恋が今も胸しめつける」の加藤さんはかわいい。

5.Touch

かわいいが溢れてる。まさかライブでニッセンのパーカー着て歌うなんてことはないですよね。

6.NEWSKOOL

4人バージョンのメンバー紹介ラップですね。サビの「NEWSKOOL」と歌うところってNEWS日本の「NEWS」ってところに歌い方が似ている気がするのは私だけ?

7.四銃士

この曲こそQUARTETTO!ガシガシ踊る系のかっこいいじゃなくて、オーケストラを伴うことによる曲の壮大さで生まれるかっこよさがありますね。

8.Wonder

これはガシガシ踊る系のかっこいい曲でしょ。

9.ライフ

生きているから死ぬ。わかっていてもそういう運命をたどることになるんですよ。それを歌ってくれています。NEWSも”生まれた意味を探し”たり”闇の中もがいてこの命を知ってい”ったりしているのでしょう。

10.チュムチュム

ライフでしみじみしていたらいきなりのエイヤエイヤ・・・、やめろ。やっぱりチュムチュムだけ飛びぬけて異質。

11.Departure

なんかセトリでいうと最後の1曲前って感じの曲。イントロの雰囲気とか。10thでいうHIGHER GROUND、美しい恋にするよでいう2人/130000000の奇跡の場所ですね。

12.ヒカリノシズク

「ライフ」で死を明示していましたが「ヒカリノシズク」では「明日」を歌っています。希望のために。

13.LIS'N

前2曲とは違うダンス曲ですね。ファン以外も目にするテレビではかわいいをまっすーを演じていながら、ライブではカッコいい増田貴久を演じる。あなた罪な男やのう。

14.愛のエレジー

出た~。また別れてる、この男。

15.星の王子さま

 原作を読んでちんぷんかんぷんだった私には難関な曲なんです。小説をもとに曲を書くなんて小説家ならではですね。

16.Encore

出た~。また別れてる、この男。Part2

 

 さて、ここからはブログタイトルについて書いていきます。所詮私の考えでしかないので、ゆるーく読んでいただければ結構です。シゲアキのクラウドでも似た話が出てきていましたが、考えの基礎はクラウドで出る前にありましたので、その点は考慮していただくとありがたいです。

 

 このアルバムの歌詞カードを見ていたらやけに「星」や「空」に関係するワードが多く出ていることに気づきました。以下の歌詞は思いつくだけ挙げてみたものです。

QUARTETTO

 夜空にStarlight照らすように 

星になり奏でる四重奏

シリウス

結ぶ星座のように

恋、空に願う

四銃士

天を突き刺すように

天高く

ライフ

澄み渡る空に無限の星の数

いつかは星になる事 

 Departure

見上げた空に流れて消えた

あの空にTake off 

 ヒカリノシズク

雨は雨のまま  

 もちろん、前作Whiteでも「星」「空」に関係するワードは出てきていましたが今作のほうがより強調している気がするんです。今作はラブソングよりも応援歌的な曲のほうが多かったと思います。今作のテーマは《四重奏》《四人組》です。しかし、それだけでなく、《応援》や《希望》《生》といったサブテーマがあり、それを象徴するワードが「星」「空」なのかもしれません。シゲアキのクラウドでは「星」の話は出てきていましたが、星が輝くのは空なので空も重要なワードの一つとして入れました。特に《生》はメンバーが様々な“死”に触れる機会があったことで、より《生》を強く意識した結果出たテーマだと思っています。

 ライブのセットがそんな感じだったらすごいですがさすがにそれはないか。でも、会場全体でペンライトを使った演出をするって言っていたので「星」や「空」イメージしたペンライトの光ってきれいだと思うけどなぁ。

*1:もう一週後なら夏に突入するところやで