読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界は意外と僕を見ている

分析厨の加藤シゲアキ担

二宮に行ってきました

 今日はタイトル通り二宮に行ってきました。「二宮」といっても二宮和也さんじゃないです。神奈川県中郡二宮町です。(場所Google マップ)東京から東海道線で1時間ほどで最寄りの二宮駅につきます。

なぜそこへ行ってきたかというとこれを見たかったからです。

f:id:wtsk_0711:20160627112926j:plain

 

f:id:wtsk_0711:20160627113024j:plain

 これは二宮駅南口にある「ガラスのうさぎ像」です。「ガラスのうさぎ像」は小説「ガラスのうさぎ」に出てくる主人公の少女の像です。小説「ガラスのうさぎ」は作者高木敏子さんのノンフィクション作品です。太平洋戦争時の話です。東京大空襲で母と妹を亡くした高木さんは、二宮駅でアメリカ軍からの攻撃で父も亡くしてしまいます。そのことを踏まえ建てられたのが「ガラスのうさぎ像」です。

 「ガラスのうさぎ」という本に出会ったのは小学校4年生の時でした。図書室にあったこの本を読んだらとてもはまりました。それから、二宮にガラスのうさぎ像があるのを知りました。いつかは見に行きたいと思い、約10年。ようやく今日見に行くことができました。ガラスのうさぎ像を見に行ってよかったです。生で見るとやっぱり感じるものが違いますから。

 

 「ガラスのうさぎ」の作品は児童向けですが、どの方が読んでも心に響くものがあると思います。是非読んでみてください。

www.amazon.co.jp

 

ここからは余談になります。

 ジャニヲタブログらしくジャニーズの話を。地名が「二宮」なだけに略称や愛称が「ニノ」でした。特産品販売所は「にの屋」だし、二宮駅の電報略号は「ニノ」だし、町内の掲示板に貼ってあった何かのイベントのタイトルが「いち にの さん」でした。*1

 

*1:本当に余談になりますが。これを見て思ったんですけど、嵐の「GUTS!」の「123で前を向け」って歌詞は二宮さんのニノとかけていたのでしょうか。「Monster」の「Oh No」みたいに